2014年07月28日

ジニアス記憶術と言われたことすぐ忘れる

速読川村05.jpg

試験に合格するためには暗記量が決定的に足りないことはわかっているものの、暗記の時間を増やしても効果がほとんど現れない状態だったとしても、
覚えたいことを頭の奥にズコン!と押し込めるようになり、試験本番でも覚えたことを記憶からスッとひっぱり出してスムーズに解答していけるようになる方法がこちら


あなたの下のような悩みのせいで、頭の重い毎日を過ごしていないでしょうか??

warkshop2.jpg
焦るばかりで時間だけがどんどん過ぎていく

机に向かって座るとすぐに眠くなる

暗記しても1文字すら覚える自信がない

頭の良い人がうらやましくて仕方がない


世の中には、びっくりするほど記憶力の良い人たちがいるもので、トランプで神経衰弱なんてやろうものなら、大差をつけて負けてしまったりするものですが、彼らが身に着けている記憶力は先天的な才能に恵まれた可能性が充分高いのは間違いありません。

しかし、資格試験や受験で合格するためには先天的な記憶の才能だけでは歯が立つわけがなく、スムーズに記憶していくノウハウを身に着けることも不可欠で、ノウハウを身に着けることで、本来持っている才能を120%活かしきれるようになるものです。

もっと言えば、人間の脳みその容量なんて結局、人によって何倍もの差があるわけではありませんから、記憶力が良いか悪いかは、どんな風に暗記をするのか?というノウハウによって大きく左右されるものです。

images (6).jpg
あなたも今は、記憶力が悪くて、劣等感や負い目を感じるケースがあるかもしれませんが、適切ややり方で記憶力に磨きをかけていけば、頭の中に感じていたモヤモヤがすっきりと晴れていくように、覚えたいことをすっと覚えたり、思い出したいこともすっと引き出せるようになります。

川村明宏さんのジニアス記憶術は、人間の脳が備えている特徴を生かす形でスムーズに暗記する方法がまとめられている記憶力トレーニングDVDで、記憶力を高めるために膨大な時間を費やさなくとも、トレーニングすればするほど記憶力が上がっていくのを実感できます。

速読川村01.jpg
川村明宏さんとはちなみに、脳トレゲームの開発者として数々のゲーム制作にかかわっていますのであなたの名前を見かけたことがあるかもしれませんが、脳力開発の日本での第一人者として知られている人で、日本だけではなくアメリカでも数々の特許を取得している発明家でもあります。

ジニアス記憶術では、川村明宏さんの持っている特許を応用して作られた記憶力トレーニングが紹介されていて、このやり方で記憶力アップに取り組んでいるのは、全世界でなんと100万人を超えるほどで、数ある記憶術の中でも世界標準と言ってもい程の普及率を誇っています。

ジニアス記憶術がなぜこれほどまでの多くの支持を集めているのかというと、記憶力が上がるという本来の目的をしっかり達成できることのほかにも、年齢を問わず10歳未満の子供から80代のお年寄りまで同じような効果があり、1回のトレーニングも10分程度で済増せられる点が評価されているからです。

記憶術の中には、ジニアス記憶術と同じくらいの効果が確かに現れるやつがあるのかもしれませんが、その方法を身に着けるために気が遠くなるようなトレーニングをやらされることになったりします。

記憶力を高めるためのトレーニングに手間と時間を奪われてしまうと、いったい何のために自分は努力をしているのかわからなくなってしまいますので、川村明宏さんのジニアス記憶術のように、できるだけ短い時間で効果が現れるように工夫されているものは、他のやり方で挫折をしたことがあればなおさら、やってみる価値があります。

→→本当に重要な部分に勉強時間を集中させられるようになる川村明宏さんのジニアス記憶術で、瞬間的に大量の情報を記憶する方法とは??

速読川村04.jpg

元カノ 復縁
復縁 可能性
posted by ジニアス記憶術 at 04:13| 言われたことをすぐ忘れる | 更新情報をチェックする

ジニアス記憶術で地頭を鍛える

gk01.png

資格試験は、宅建や司法書士など難関資格になればなるほど、求められる暗記量も膨大になっていき、勉強時間の大半を暗記に奪われるようなことになります。

いくつも参考書をそろえてコツコツと勉強を続けていき、参考書を1冊ようやくやり終えた時に最初から振り返ってみると、すでに忘れてしまっていることが大半で、そんな自分に愕然とする気持ちを感じてしまったりするものですが、川村明宏さんのジニアス記憶術を活用していけば、こういった無駄を大きく削減していくことができます。

人間の脳は簡単に言うと、短期記憶と長期記憶の2種類の機能が備わっていて、短期記憶は記憶が持続しない上に容量が少なく、長期記憶は容量が膨大な上に記憶を持続させることができます。

ただ普通の脳の使い方をしているうちは、短期記憶にいったん入ってきた情報はそのまま、脳みそから垂れ流されてしまい長期記憶へとほとんど送り込まれることがないのですが、川村明宏さんのジニアス記憶術では、短期記憶と長期記憶の連携を強化させて、覚えたいことをスムーズに長期記憶へと送り込んでいけるようになります。

dcimages.jpg

トレーニングの内容も非常に手軽に済ませられるようになっていて、1日1回10分もあれば十分にジニアス記憶術を利用し続けることができます。

パソコンを使って起動する専用のゲームをやっていけば、それがトレーニングになりますので、記憶力を高める訓練をしている感覚はほとんど受けないと思いますが、ゲームのように楽しみながら取り組めるように配慮されているのもジニアス記憶術の特徴の一つで、飽きっぽい子供でも毎日続けやすくなっています。

ただジニアス記憶術を使うにあたって一つ気を付けなければいけないのは、自分にもできるんだろうか?とか、本当にこれで効果があるんだろうか?と疑問を感じないようにすることです。

心理学的にも「プラシーボ効果」として知られているように、人間の「思い」の力は非常に強い影響力がありますので「ジニアス記憶術なら記憶力が上がる!」と信じて続けることで、本来のトレーニングの効果をしっかりと引き出すことができます。

あなたも、下のような結果を大きな代償を払うことなく手に入れることができますよ。

dcimages.jpg
瞬間的に覚えられるようになる

断片的な記憶ではなく、関連付けて覚えられる

覚えたことをテストに生かせるようになる

暗記が得意な人という評価を受ける


暗記を繰り返しても覚えたことを何度も忘れてしまい、試験日が近づくとともに不安に押しつぶされそうな気持ちになるのは今日で終わりにして、
不思議なくらい物覚えの良い人たちが自然とやっている暗記テクニックで、勉強のストレスも時間も大幅に減らして、サクサクと合格を勝ち取りませんか?

gk04.png
川村明宏さんのジニアス記憶術で、知識を無理やり頭に突っ込むだけの非効率なやり方はとっと止めて、覚えたいことがすっと記憶できる気持ちよさを体感するにはこちら



藤井誠
ポールリム
posted by ジニアス記憶術 at 04:13| 地頭を鍛える | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。